広く浅くまるく

美味しいもの、お金の話、主に育児イラストブログ書いてます。だいたい平日朝7時更新です。

スポンサーリンク

娘4歳年少さん 待ちに待った幼稚園のお誕生日会をしてきたよー!

 

 

娘4歳年少さん

先月のお誕生日会の日をダブルブッキングしてしまい、欠席せざるを得ない状況に。

 

全園児共通のイベントで

お母さんがお部屋にやってきて、一緒に給食を食べて、お友達からお祝いのお歌を歌ってもらえる、というスッぺシャルな1日。

 

自分の番はどうしよう、どう答えようと目を輝かせながらいる娘に

「ごめん、休まなきゃいけなくなった」とは言い難く

先生に相談した所、神対応していただけました!!

 

▼その様子はこちらから・・・

www.nakanomaruko.com

 

 

・・・で

 

楽しみにしていた、お誕生日会、6月のお友達に紛れて

娘も一緒にお祝いしてもらってきましたーー!!

 

 

お誕生日会の様子

 

※本当は何人か6月お誕生日の子いたのですが画力が限界の為

娘1人のお誕生日会のようになってます・・・w

 

f:id:nakanomaruko:20190625220930j:plain

 

 

 

まず、お部屋に入るなり

ぞろぞろ、わらわらと物珍しそうに私は囲まれ、モテまくりました( ・ิω・ิ)

こんなに人に囲まれる事ないから圧倒されちったよ。

 

 

各々、口々に言いたいこと言ってくれて可愛すぎでした(^^)

2才児クラスの頃から一緒の子も数名いて、その子は私が娘の母親だと認識しているのかとても懐っこくて、更にカワイイ。

 

 

時間になり、娘だけ前に座らされ、先生お手製の大きなマイクを手にインタビューが始まります。

「お名前はなんですか?」には「・・・・〇〇〇」と、急にテレテレ

 

でも「好きな食べ物はなんですか?」には

食い気味に「ブドー(葡萄)!!」と元気よく答える場面も。

 

・・・私の見解ですが、そんなに葡萄が好きだということはなく、思いついたのがきっと葡萄だったのであろう・・・w

 

 

その後に、先生のピアノに合わせて皆がハッピバースデーを歌ってくれ、玩具のケーキのロウソクを吹き消し盛大にお祝いしてもらえたのでありました。

 

 

あ、私からの一言もありまして

「赤ちゃんの時はどんな感じでしたか?」という質問。

 

これには娘から「毛がなかった!って言って」と謎のリクエストをもらっていたので(なんで毛がない事を言う必要・・・w)

 

「生まれた時は毛がなかったのですが、とっても丸くてカワイイ赤ちゃんでした♡」

・・・と、娘に目配せをしながら言うと「毛がない」フレーズがちゃんとあった事にご満悦の様子でした(謎)

 

 

その後に、私も前に出て娘の横に座って、給食を頂きました。

お誕生日の時の給食には特別にデザートが付くんです。

 

今回はプリンがついていて

ちゃっかり、残してないか娘からのチェックが入りましたw

 

 

ご飯を食べ終えたら解散の運びなのですが、別れ際に泣くのかな??

なんて思ってたけど、先に食べ終えたお友達と遊びに行ってしまって

特に泣く素振りもなく、お部屋を出てから振り向いたら笑顔で手を振ってくれてました。

 

なんだか成長したなーーーと、しみじみ・・・・

 

 

泣かなかったのには裏話があった!

 

成長したなー・・・と思った事はそのとおりなんですが

 

後日、娘に

「お誕生日会の日、母ちゃん帰るのによく泣かなかったね。」と褒めようと言ったら

 

娘が

「お砂場で遊んでたら⚪⚪先生が、『今日、泣いたらあかんで』って言ってたから。」

 

との事w

 

その先生は担任ではなく、補助の先生ですが、2歳児クラスの時からお世話になっている先生で、娘の性質をよく理解してくれてるっぽいw

 

そうかー、それで泣かずにお別れができたのかー。

どうして泣いたらダメなのか(ダメって事もないけど)とか

先生と約束したから泣かないとか

 

そういう事が、小さな体で行動に移せるようになったのかーと成長を感じました。

 

以前は、参観などあれば、保育時間でも泣きわめいて一緒に連れて帰ってましたからねぇ(^_^;)えー!最後までいてよー!!と思いながら連れて帰る・・・

 

 

おしまい

 

幼稚園の中での娘の様子を見ることって、なかなかないので

私もとても面白く、興味深く、素敵なお誕生日会となりました。

 

ご飯の前は手を洗って、うがいして、自分で鞄を取りに行って、席に戻って

・・・っていう一連の動きを誰に何を言われるでなくとも、園児全員がするすると遂行しているのを見ていると「すごい・・・」と集団での生活の良いところを見られた気がしました。

 

また娘も1人の人間として、その輪に入って、当たり前に動いてる事も

なんだか珍しいものを見たような気持ちで

こうやって、親に言われなくと動けるのかーーと思ったり。

 

娘にとっても、私にとっても貴重な1日になりました(^^)

 

 

 

 

そんな帰り道

 

 

 

 

f:id:nakanomaruko:20190625223659j:plain

 

 

 

なんでやねん・・・・

 

 

 

ではでは(^^)/~~~

 

 

 ▼最近まで泣いて登園してたとは思えないくらいの変わりようです。

www.nakanomaruko.com