広く浅くまるく

美味しいもの、お金の話、主に育児イラストブログ書いてます。だいたい平日朝7時更新です。

スポンサーリンク

2人目つわりのピーク、終わりはいつまで?5週から始まり8週9週10週あたりがピークに辛かった!!



第一子の頃にもう勘弁!と思うほど辛かったのに
妊娠出産って喉元すぎれば…なんでしょうか。

つわりの辛さを舐めてました…忘れてました

昨年11月半ばから始まったつわり…家に籠もること約2ヶ月

本当…辛かった…

暖冬と言え、2ヶ月籠もってたもんで私の知っている外気温は秋くらいだったので最近外に出てあまりの寒さに驚きました(゚∀゚)娘の送迎ができるようになった!

備忘録として私のつわりの症状&経過をツラツラ書いておこうかと思います。

一般的に悪阻の始まりは5~6週頃からで、ピークは7~11週頃、12週から少しずつ落ち着き、16週には収まっている人が多いとのこと。

 

1人目の時は悪阻どうだった?!

f:id:nakanomaruko:20200116180052j:plain

娘の妊娠時も辛かったんですが…何も記録に残してないんですよね^^;
母子手帳もマッサラで、書く気力なんてなかったんだと思われますw

当時のつわりの状態を思い出しますと、まだ働いていて京都の都心部まで仕事に出ておりました。しかし立ち食いそば屋の出汁のニオイがアウトォォォ!
癒やし系の出汁のニオイが非常に気持ち悪く、つわりの始まりをお知らせしてくれました。ニオイを発するものは軒並みアウトになりますよね…
ちなみにパートだったのでその後退職しました。

船酔いのような、二日酔いのような気分の悪さが続き、吐き気はもよおすけど中身は出てこない。出てこないだけマシなんだろうけど、出てくるのか!?こないのか?!をオエオエしながら嘔吐恐怖症のワタシは涙鼻水ヨダレ垂らしながら怯えたもんです。
当時食べたかったものは『スイカ』それだけはめっちゃ覚えてます。

また、つわり症状が収まったあと、出掛けられるようになったはいいけど
なんや色んな要因があったのだろうけど出先で目眩を起こし2度程意識がぶっ飛びました。1度目は出先の店員さんが介助してくれ、すぐに正気を取り戻しました。2度目は「…くる!…くるぞ…」というのが事前にわかったので近くの電柱に掴まって事なきを得ました。
頭が真っ白になる感覚は初めてだったのでこれも怖かったです。

あとは坂道や階段を登るだけで、激しい動悸があり
人間の鼓動は早くなりすぎるとこんなにも体に負担が掛かってしんどいのかと身に染みました。


しんどかった…っていう記憶はあるのですが
1人目だったので、自分の心配だけしておけばよかったのはやっぱり楽だったのかな?
いや…それでも辛さは変わらんか…上の子の世話がない分マシってのはありますが…

 

2人目のつわりの症状まとめ

2人目のつわりに気づいたのは5周目に入ってからでした。
なんとなく気持ち悪い、だるい…
もう、妊娠判定は自宅でしていたので「つわりが始まったか」と感じました。
その時点で予定を組んでいたものは全てキャンセルさせていただきました(´;ω;`)

 

5周目~6周目のつわり

この辺りは、ひたすら気持ち悪い。船酔いが24時間寝ている時間以外は酔ってる感じ。
でもまだ気力で娘のお世話や送り迎えが行けるという程度。
でもできることならゆっくりしたい。
気持ち悪い部分が内臓なので声を発するのも辛くなるんですよね。

朝より昼、昼より夕方に向けでどんどん気持ち悪さは増していくので
娘の幼稚園のお迎えもササッとしてました。自転車の後ろで楽しそうに話しかけてくれるのですが返事できず。ひたすら無言で帰るという始末でした。

横になりたいけど、水平に寝るのは気分が悪くって、無印のダメソファで傾斜をつけて寄りかかるように寝るのが楽な体勢でした…

 

7週目~9週目のつわり


これがピークであってくれ!!!と思うほどにどんどん体は気持ち悪くなっていきました。例えるなら食道から胃にかけてコンクリートを詰められているような感じです。
だからお腹がすかない。というか食べる気力がわかない。

口の中がもう別物で、気持ち悪くって…

飲めたものが氷でキンキンに冷やした水でした。

この頃、ひたすら寝てたし、幼稚園の送迎も行けなくなって、見かねた義母が泊りがけで来てくれてました。夫が行ける日は自宅に帰り、夫が無理な日は来てくれるという感じ。

この間に2,3日何も食べない日があったんですが
余計に症状がひどくなるのか、この時のオエオエ具合は半端なかったです…
でも何も食べてないから出るものもないんですけどね…
顔色は真っ白になって目も落ち窪んでゲッソリしていました…

ニオイも例に漏れず敏感になって、夫のニオイは勿論(ヒドイ)娘のニオイも気持ち悪くって…厳密には幼稚園のニオイなんですけど制服や髪に付いて帰ってくると「うっっ」となってました。あとは冷蔵庫内のニオイ。ドアを閉めると風にのってニオイがやってきて「うっっ」って…義母が来てくれるのはいいのですが冷蔵庫のドアを開く時間が長い長い…(でも有り難いんだよ)

 

この頃は食べないよりは食べたほうが自分のつわりの症状には良いのではないか?と思えたのでおにぎりを少しずつ食べるようにしました。
温かい飲み物食べ物が無理なので、口に入るものは全て冷えたものでした。

空腹にしすぎるとあのオエオエがやってくる…その恐怖感を和らげるためにも少しずつつまむような生活でした。

 

病院で点滴を打ってもらうけど、結局行くことに疲れる

自宅から車で行く距離の病院にお世話になっています。
「しんどかったら休みの日でもいいから点滴打ちにきてね」って言ってくれる先生。
点滴で楽になるなら…と思い診察ついでにしてもらうことにしました。

でもね、点滴時間が2時間!!
いやいやそんな寝てらんないから!!真横になって寝転ぶのが気持ち悪かったので傾斜のない病院の硬いベッドの上で2時間も寝転ぶなんで無理!無理無理!!
そして産科って基本混んでるし、時間は押すに押している。娘のお迎えの時間も迫る。

それに、私よだれ悪阻もあって常に口の中にヨダレが溜まるのです。
飲み込むのは気持ち悪いので吐き出せるように紙コップにティッシュを詰めて持っていきそこに溜まったヨダレを捨てていました。コップにも限界があるんだなぁ…


先生になんとか1時間にしてとお願いしました。


壁側のベッドでもたれられたのでまだ良かったのですが、1時間座りっぱなしはやっぱりキツかった…

f:id:nakanomaruko:20200116174215p:plain



………が、しかし、点滴の効果なのか
その日は気持ち悪さがスゥっと抜けて、食事をある程度楽しめるという快挙!!
点滴…すごい!!
そう思えたけど次の日にはまた元の気持ち悪くオエオエする状態に元通り。


2日くらいあけて、もう1度点滴をしてもらおうと病院へ行きました。
総合病院なので、まず産科を受診して点滴をオーダーしてもらう必要があり、その後、点滴室へ行かなければなりません。たったこれだけの移動なんだけど、めちゃ辛い。



そして今回は点滴1時間は体や心臓に負担が大きくなるからやっぱり2時間でと言われる。
でも2時間も硬いベッドに座りっぱなしもしんどいし、寝転べないと伝えるも却下(´Д⊂ヽ

先生の言い分もわかるので、しんどくなったら途中でやめていいからということで点滴を開始しました。結局、1時間ちょっとで終わってもらいました。


で、結論ですが


点滴の訪問看護してもらえませんかね???(´;ω;`)


っていう。
立つのも歩くのもしんどくって、いつ吐き気をもよおすかわからず、寝転べない。
点滴時間は2時間。効果は1日もつかどうか…

これなら少量でも食べて飲めてしてるなら自宅で我慢してる方が楽なんじゃないか??と思って点滴に行くのをやめました。入院するほどでもないし…

 

10週~12週のつわり

 

ピークは過ぎたように思えたけど、食べてるだけマシなだけで相変わらず気持ち悪いし、オエオエする。
立って体勢が変わるとオエオエしちゃいます。

この頃、体の中に入った空気が上手く抜けてくれなくって苦しい気持ち悪さが増えました。本来ならゲップやおならに変わるんだと思うけど、胃の中に空気が留まってどこにも逃げてくれず、それが気持ち悪い。
で、時間差で悪さをしてくるのだった……

その胃の奥に隠れてた空気がゲップとして体から出ようとするんだけど
その体内運動がオエオエそのもの…オエオエしながら胃の奥から喉元まで押し上げてくるかんじ。もう………なんなんこれ……

普通なら食べたり飲んだりすると自然に空気も飲み込んでて、勝手にゲップとしてでるけど、ゲップが出ない!!
炭酸を飲んでゲップを誘導しようとするも、炭酸分の浅いゲップしかでない!

そして忘れた頃にこみ上げてて涙鼻水よだれまみれになってました…

 

13週~15週のつわり


いつか終わりはくるから…とわかっていながら
自分の指はいつも「つわり いつまで」ってググっていました。
赤ちゃんの大きさとか成長とかよりつわり!いつまで!いま◯週なんだけど!!って感じです^^;

ほんと、じょじょに少しずつ、コンクリート感は薄れ、吐き気も回数が少なくなり、食べたいものが増え、寝起きのオエオエだけになり…って感じです。

 

寝起きの空腹での歯磨きはオエオエの引き金になるので毎度戦いでした。
そしてオエオエは精神的にも参るので、その日1日のテンションが下がるのでした…

 

周りを頼らなきゃ成り立たなかったつわり生活

上の子のお世話がある中でのつわり生活は想像以上に大変でした。
まずは誰とも喋りたくない状態なのに、子供は容赦なく喋りかけてくるので現状を説明しながらも、適度に相手にしてあげて…って感じです。ピークの頃は無言を貫きましたが…

幼稚園の送迎に食事やお風呂に寝かしつけ…山程ある上の子のお世話…

そんな時に頼りになったのが夫と義母でした。
2人が交代で家のことや、娘のことをしてくれたお陰で私は寝転ぶ毎日を送ることができました。
また、どうしても都合がつかない日もなかにはあって、でも外出はとてもじゃないけどできなくって…って時が数回あったのですがそこは、ご近所のママさんに送りかお迎えを頼めることができました。
それでも詰んだ…って日はあってそんな日は娘の幼稚園はお休みさせていました。
行かせてあげたかったんですがね…しょうがない…

 

おわりに…

つわりってなんであるんでしょうね…
つわりがあってもお仕事に行ける人を本当に尊敬するし、逆に自分は意志が弱いのではないか…と、ただでさえ落ち込んでるのに更に落ち込んでしまうという負のループ

でも生理もつわりも出産も人それぞれ、千差万別!!
無理だと思ったら無理なの!!
それでいい。それでいいと思いました。

今は15週の終わりくらいです。
お腹の中に溜まる空気も少しずつ改善されてきたように感じます。
あと少し…です…!!

最後の最後に…
前回の記事でたくさんのスターやブックマークありがとうございました(^^)
久々の更新にも関わらず、読んでくださりとても嬉しかったです。
本当にありがとうございますぅぅぅぅ(´;ω;`)

ではまた(^_^)/~