広く浅くまるく

1児の母 気になること、お金の話、子供のことなど色々書いてます☆

スポンサーリンク

【無事です】6月18日の地震の影響と対策。平和ボケしていた事に気づきました。

 

 

昨日は沢山のご心配のコメントやお気遣い等ありがとうございました(ToT)

現時点(6月18日)家族全員無事です。

 

昨日の様子

 

6月18日の朝8時前、娘と朝食をとっていたら突然の地鳴りのような音と縦に揺れるような衝撃、携帯電話からの不協和音

全てが重なり、ただ事ではないと察知しました。

 

突然やってくる・・・

 

我が家は京都なので震度5強と出ておりました。

 

あれだけ地震への備えや知識を詰め込んでるはずなのにいざとなったら娘の頭を押さえて揺れがマシになるのを待つしか出来ず、ふと「避難経路の確保をしなきゃ!」と思い出します。

娘をダイニングテーブルの下へ移動させ、リビングの大きな窓のシャッターと窓を開けに向かおうとするが完全にパニックになっている娘が泣き叫ぶ。

「大丈夫」と、なだめて再び窓に向かいシャッターを開けました。

 

2階で寝ていた夫は飛び起きて私達の所へ駆け付けます。

揺れも落ち着き、テレビで震度を確認し、無事だったことにホッとして家の中を見渡すと棚に置いてあったものが色々と落ちていました。

物は多くはない方だけど、ちょっとした飾りや植木鉢。陶器の500円玉貯金箱が割れていました。

家の中に物が落ちているのに気づくのはかなり遅かったです。

 

幼稚園が臨時休園

 

昨日は娘を幼稚園に預けて私はパートの日でした。

職場のスタッフも関西在住なので朝から連絡を取り合います。

お店がどういう状況なのか、営業するのかはその時点ではわからず、電車通勤組は全線運休しているので通勤できない状況でした。

私も行かないと行けないけど幼稚園が休みなのでどうしようもなくその旨を店長に伝えました。

「今は娘さんも不安だろうから一緒にいてあげて」と有難いお言葉を頂戴し甘えさせてもらいました。

 

結局、パート先の営業は休止となっていました。片付けだけでも大変だった事は想像できます。

 

 

ご近所さんと身を寄せ合う

 

ワーママも多いご近所さん。全ての保育所、幼稚園が休園です。

道路に出て状況を話し合ったり、こんなものがいるよ、あそこのお店は今日は開いてないよ。旦那さんは今日は帰ってこれるの?などなど話しておりました。

子どもたちも少し大きい子は恐怖を敏感に感じ取っていて怯えた表情。

大人もママだけではやっぱり不安です。

 

なので1つの家に集まりお昼ご飯を一緒に食べようとなりました。

 

その時間があったお陰で少し不安が解消されました。

 

 

平和ボケ

 

5世帯のママと子供が集まることになりましたが、何の気なしにテイクアウトや出前取れる気で全員いました。

地震の後はヘリの音はするものの比較的新しい住宅が並ぶ街なので、周りを見渡すといつもとなんら変わらないのです。

そんな時に私の職場の営業休止のお知らせがスタッフから入り、お店なんて開いてない事に気づきます。

みんなで冷蔵庫のストックを持ち寄り調理し食べました。

 

 

スーパーで水・ガスボンベ売り切れが続出

 

ある程度の備蓄はしてあり、水もガスボンベもレトルトやカップ麺もあります。

でも本当に足りるのか?そんな不安が拭えず開いているというスーパーへ行きました。

でも皆考える事は同じで水もガスボンベもどこの店舗も売り切れでした。

とりあえず缶詰や日持ちしそうなお菓子やポカリ、カップ麺をもう少し買って帰りました。

 

対策として

 

1軒屋ですが今まで1階で寝ていました。その方が楽だったんですね。子供が階段から落ちる心配いらないし・・・

 

でも今日地震を体験して、就寝時にまた大きなのが来たら今度は命がないかもしれない。そう思い急いで2階を片付けて布団を上げました。

 

f:id:nakanomaruko:20180618224718j:plain

 

1階は和室だったので布団で寝てました。

急遽、ベットとエアコンの購入に迫られます。

大きな出費となりますが命には変えられませんね。

 

この部屋にあったものはもう1つの空き部屋へ押し込まれています^^;

 

あとは避難用のリュックを用意したり、お風呂の水を貯めたり、空いているペットボトルにも水道水を入れておきました。

 

 

最後に

 

私が阪神大震災を経験した時は小学生でその時は古い木造家屋に住んでいて今よりももっと家の中は悲惨な状況でした。そして夫は神戸の被災地にほど近い所に住んでいたので自宅は全壊、避難生活を経験しております。

夫のお兄さんは2階で寝ていた為、命拾いをしています。

 

地震の怖さは重々知っているはずなのに、いつの間にか平和ボケ(私が)していたんだなとも思いました。

京都よりも大阪の方が被害は大きく、ガスが止まっていて普及までは10日くらいかかるそうです。知り合いの話ではタンスが倒れて腰を骨折した方もいたようです。でも救急車が来れない状況だったとか。ニュースでは亡くなられた方もいて見るのが辛いです。

 

まだまだ余震あり、不安は拭えませんが自分達の出来ることを精一杯し、瞬時に判断していこうと思います。

 

個人的にTwitterで心配して下さった方、ブクマで心配してくださった方

私が関西に住んでるって覚えてくれていただけでも嬉しかったのに皆様の暖かいコメントが嬉しかったです。とても励まされました。ありがとうございます。

 

本当に怖かったんですが、今でもまだ揺れがあり

こればっかりはどうなるか誰にもわからない。

今日も当たり前に1日は始まりますね。

被害がこれ以上大きくなりませんように

早く日常が戻るように祈るばかりです。

 

 

 

 

 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ

にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村