広く浅くまるく

美味しいもの、お金の話、主に育児イラストブログ書いてます。だいたい平日朝7時更新です。

スポンサーリンク

【おカネの教室】お金の勉強をしようと思ったら読みたい本【高井浩章著書】

f:id:nakanomaruko:20190127231105j:plain

 

 

 

 

【おカネの教室】という本を読みました。

 

 

ずずずさんの紹介する本は読みたくなる

 

 

米株投資家の「ずずず」さん。

 

なんだろう・・・・記事の言葉が優しさ溢れているんですよね~

丁寧でアホでもわかる文章、たぶん質問したら丁寧に教えてくれそうな・・・

そんな勝手なイメージを持っていますが←

 

そしてブログで紹介される本も割と初心者向けが多く

さらっと読めるって言われると(ここポイント)

読みたくなるんです(^^)ずずずマジック♪

 

www.zuzuzuwork.com

 

金融や投資って難しい言葉が並ぶイメージだと思うんです。

それでも「すぐ読めるよ」って後押しがあると

「私でも理解できるかも」と思えます(^^)

 

この記事で紹介されていた「おカネの教室」もずずずさんの書評がよくって買いました(^^)

 

正確にはブクマでツイッター連携したら著者の高井浩章さんから「是非に」と直接リプもらいまして買うまでの決断が早まりました。

 

 

「おカネの教室」を読んで

 

 

登場人物は

カイシュウさん(先生)

サッチョウさん(男子生徒)

ビャッコさん(女子生徒)

 

の3人です。

 

学校の部活動でひょんな事からこの3人が「そろばん勘定クラブ」に入部します。

 

そしてカイシュウさん(先生)が生徒達に

 

【お金を手に入れる6つの方法とは?】

 

を投げかけます。

 

表紙にもあるように

 

・かせぐ

・ぬすむ

・もらう

・かりる

・ふやす

???

 

6つ目は何になるかわかりますか?

6つ目は最後の最後にわかります。

 

 

「かせぐ」と「ぬすむ」の違いは何か

「役に立つ仕事」「役に立たない仕事」はあるのか

「フツー」とはどういう定義なのか

 

自分が子供に説明しようと思うと多分言葉が足りないな、と思う所をこの本が埋めてくれます。

 

 

リーマンショックに関しても

なんとなーく、ニュースで聞いたな、株価も大変そうだったな、夫も仕事が減ったって言ってたな・・・と大変であった事は重々理解しております。

ですがちゃんと説明できるか、理解出来るように話せるか?と言われれば出来ません。

 

この本を読んでようやく、リーマンショックがどういう事だったのか理解できました。

そしてそれは私達に関係のない話ではないと感じました。

 

 

で、「お金を手に入れる方法」の最後6番目が出てくると

 

ほーーーーー。そっか・・・・

そういう事で世界は回っているのか!!

 

と何か繋がった感がありました。

 

 

もっともっと授業してくれーーーー、まだまだ教えて欲しい!

そう思いながら読み終えました(^^)

 

 

お金の勉強しようとしている人や子供に読んでほしい

 

投資を始めようかな・・・と思う人に投資の勉強をする前に

そもそも・・・という部分で読んでみると良いなと思いました。

 

私は子供に読んで欲しいですね(^^)

著者の高井浩章さんも、もともとは娘さんの為に書いたものだったそうです。

だからですよね。本当にわかりやすい。

 

子供に金融リテラシー学んでもらう為にも、この本は手元に置いておこうと思います。

 

自分の若かりし頃の金融リテラシーのなさに呆れます(^_^;)

子供には少しでも興味もってもらった上で、将来を考えて欲しいなと願います。

 

 

おしまい

 

読書感想文が苦手でして、こんなまとまりのない書評になっておりすいません(汗)

でも本当、簡単に読めましたよ!!(^^)

そして理解が出来ました!

この収穫は私にとって大きいです。

6つ目が出てこない方!!是非本書を手にとってみてはいかがでしょうか?(^^)

 

 

 

 ずずずさんのブログもおすすめです(^^)

www.zuzuzuwork.com