広く浅くまるく

1児の母 気になること、お金の話、子供のことなど色々書いてます☆

スポンサーリンク

小児専門病院【大阪母子医療センター】ファミリーハウスを利用した感想

f:id:nakanomaruko:20171019133110j:plain

 

大阪母子医療センター

〒594-1101 大阪府和泉市室堂町840

 

最寄り駅 光明池駅(南海泉北高速鉄道)から徒歩5分

 

 

娘の脂腺母斑の手術の為、こちらの病院にお世話になっております。

 

この病院に決めたのは

小児医療に特化しており、子供が怖くないように工夫もしていて娘を安心してお任せできると思ったからです。

全身麻酔で手術を受けるので、医療のことはわからないけれど、親心から娘が怖がらなくて済む、少しでも安心できる病院をと思いこちらの病院にたどり着きました。

 

 

母子センターは年間1,600件を超える分娩、4,000件を超える周産期と小児の手術、小児疾患の高度な診療を行っており、厚生省が指定する「小児がん拠点病院」の1つです。

 

 

小児の受診は紹介状なしでは受診することができません。

私は地元の形成外科から母子センター出身の医師と出会い、紹介していただくことが出来ました。

 

www.nakanomaruko.com

 

 

さて、大きな病院で遠方から訪れる患者さん、ご家族様も多いです。

そんな人が利用出来るように母子センターには【ファミリーハウス】という宿泊施設が設けられています。

 

ファミリーハウス

 

小児がんや慢性疾患児の付き添いをされる家族が宿泊したり、遠方から来院する家族の負担軽減の為にこの施設があります。

 

料金は1人1泊1,500円 (入院患児、0歳児は無料)

 

宿泊室は和室・洋室(シングル・ツイン)うち1室は車椅子対応

 

共用部はキッチン・プレイルーム・絵本コーナー・パソコンラウンジ・ランドリー・休憩室

 

ホテルのような感覚ではなくあくまで宿泊施設です。

原則としてファミリーハウスの整理整頓、掃除などは利用者がします。

 

 

利用してみて

入り口インターホンを押すと、事務員の方が自動ドアの施錠を開けてくれます。

先に清算なので一旦ファミリーハウスを出て、母子センターの院内会計で清算します。

チェックインは15時~17時半  チェックアウトは9時~11時です。

 

チェックインを済ますと、人数分のシーツ・布団カバー・枕カバー・バスマット1枚を渡されます。

 

鍵をもらい部屋へ行きます。

 

今回は洋室でした

 

f:id:nakanomaruko:20171019180211j:plain

 

 

普通のホテルのようです(^o^)

 

f:id:nakanomaruko:20171019180258j:plain

 

お風呂はトイレとセパレートです。

今時のお風呂で綺麗です。

 

f:id:nakanomaruko:20171019180348j:plain

 

 

トイレも最新式!自動で蓋が開閉します(^o^)

 

 

 

f:id:nakanomaruko:20171019180427j:plain

 

 

退室時に清掃しないといけないので、掃除セット一式が置いてあります。

 

 

f:id:nakanomaruko:20171019180511j:plain

 

キッチンの様子です。

共用部なのでこんな感じ。備え付けの備品は自由に使用できます。

ただ、包丁や個人のお箸・スプーン類はないので自分で用意する必要があります。

 

 

f:id:nakanomaruko:20171019180720j:plain

 

 

調理器具も並んでいます。

ポットには常にお湯が満タンなので利用した人が継ぎ足していくルールです。

 

 

f:id:nakanomaruko:20171019180824j:plain

 

 

その場で食べられるよう、テーブルやソファもあり、このフロアに大きめのテレビやキッズスペースもありました。キッズチェアーもありました☆

 

 

f:id:nakanomaruko:20171019180920j:plain

 

 

こちらは別フロアの絵本コーナーです。

お部屋へ持ち込みOKです。退室時に元の場所へ返却して下さいとの事でした。

 

 

その他

客室テレビはテレビカードで60分100円 残金は最後返却

洗濯機1回200円

乾燥機1回100円

 

日用品はすぐ隣の母子センター1階のセブンイレブンで調達できます。(7時~21時)

オムツや在宅用品は母子センター地下1階「しらゆり」で購入できます。(9時~17時平日のみ)

 

 

また飲酒・喫煙は厳禁です

 

 

セルフサービスが基本

先にも述べましたが、全てセルフサービスです。

貸出のシーツ類以外は自分たちで用意する必要があります。

 

・シャンプー・リンス・ボディソープ

・バスタオル・タオル

・歯磨き粉・歯ブラシ

・パジャマ

・ティッシュ

・包丁・お箸等

など、普通のホテルなら備え付けてありそうなものがありません。

 

トイレットペーパーとドライヤーはありました(´・ω・`)

 

また、お風呂やトイレなど使用した後は髪の毛も残さず掃除する事。

部屋の床も掃除機、クイックルワイパーをして綺麗にする事。

ゴミはまとめて部屋の外へ出します。

使ったシーツ類は別フロアのランドリーコーナーのカートに返却しに行きます。

 

こんな感じで、次に使う人用に綺麗にしてチェックアウトするのが原則です。

しっかりチェックシートも渡されます(^o^)

 

 

まとめ

 

私は今回、遠方の為ファミリーハウスを利用しました。

ファミリーハウスがなければ9時の診察の為に、朝5時起きで出勤ラッシュの電車に大荷物でベビーカーを突っ込まなければなりませんでした・・・

ラッシュの時間に乗り換えとかゾッとします・・・

 

ほとんどセルフサービスではありましたが、特に不便もなく綺麗な施設で快適に過ごせて時間に余裕をもって診察に向かう事ができました。

 

ただ、車でなく電車だったので荷物がかなり多くなったのはちょっと大変でした(^_^;)

 

予約時に事務員さんから必要なものは聞いてはいましたが、部屋にティッシュボックスがないのはちょっと不便でした。

欲を言えば、もうちょっとタオルの貸出くらいあれば嬉しい・・・

 

でも1,500円というかなり良心的なお値段を考えると文句はありません!

 

 

今回は娘の手術前の事前検査でこちらを利用させて頂きました。

 

母子センターのファミリーハウスがどんなものか気になっている人のお役にたてれば幸いです。

 

 

 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ

にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村